食事改革で腎臓病から身体をガード|鉄壁の防御で豊かな生活

介護

腎臓病に必要な食事療法

看護師

腎臓病用のお弁当が便利

人間の臓器の中で腎臓はとても大事な働きをしています。まず体内の老廃物を排泄する役目があります。老廃物を血液から尿に変えて排出するのです。また体液の環境を保つ働きもします。また血圧の調整、様々なホルモンを生産しています。腎臓病になるとこれらの機能が低下し、進行すると全身の臓器が機能不全を起こすのです。腎臓病には食事療法が行われますが、医師の指示に従ってタンパク質やエネルギーや塩分などの摂取量の指示が出されます。家庭でこれらの指示どおりに食事を作るのは大変なので、宅配の腎臓病食を利用する人が増えています。宅配の腎臓病食は専門の管理栄養士が指導して作られているので、安心して食べることができます。食事を作る主婦にとっても宅配の腎臓病食は家事労働の軽減になるので人気があります

腎臓病に気をつける食べ物

腎臓病食の基本はタンパク質は取りすぎないことです。タンパク質はあらゆる食物に含まれており、ご飯、パンなどの主食以外にも、魚や肉や野菜にも含まれているのです。またタンパク質が体内で活用されるためにはエネルギーが必要になります。エネルギーを摂取しないとタンパク質がたまってしまうので節制が無駄になってしまいます。タンパク質が含まれていない砂糖やでんぷんなどを上手に取ることが必要です。また食塩を控えることも大事です。腎臓病になるとナトリウムを排泄する能力が落ちるので、塩分はなるべく減らすことです。加工食品のハムやソーセージ、練り製品のはんぺんやかまぼこなどは塩分が多いので注意が必要です。その点、宅配の腎臓病食ならすべてが管理されているので安心して食べることができます。