食事改革で腎臓病から身体をガード|鉄壁の防御で豊かな生活

介護

病気に食べ物は大事です

smile

食べ物が病状を左右します

栄養療法というものがあるのです。今の時代は生活習慣病という日々の活動、食生活などから病気になるものが数多くあります。自分の好みだけのものを食べるというような偏った食生活をすることで肥満になったり、また、食生活だけではなく遺伝の要素もありますが糖尿病になったり、痛風を患ったりと日々の食事に気を付けていれば防げる病気はあるのです。逆に言えば、それだけ毎日の食事は大切なのです。痛風などは一度発作がでてしまうとその対処は大変でプリン体を取らないようになど食材にかなり制限が生じるということになるのです。栄養療法というのはそうした病気でとってはいけない栄養分、これは健康な人であれば問題はないのですが、病気の人にとっては致命的になる種類と量についてコントロールをするということなのです。

宅配の利用なども必要です

栄養療法は要するに食事の献立、内容に気を付ければよいのですが、正直この対応はかなり大変です。肥満程度であればあまり細かな知識が必要とはなりませんが、例えば痛風の場合にプリン体を避けるというような場合には肉を食べたいというなかでもどの部位を選ぶかによってプリン体の量はかなり変わってくるのです。そうしたことを逐一調べて献立を作成するということを毎日行うということはとても大変なことで継続することにはかなりのストレスを要するものです。病気を抱えた本人が栄養療法のために食事を作るという場合と家族が食事を作るという場合がありますが、どちらにしても家庭内での対応は食事なので毎日のことですので大変な労力です。栄養療法をするのであれば時には宅配で栄養療法に対応したものを活用するということも長く毎日続けるには大切なことなのです。