食事改革で腎臓病から身体をガード|鉄壁の防御で豊かな生活

介護

健康的な食事を配達する

医者

今増加傾向と言えるサービスには健康宅配です。これは指定された自宅などに弁当などを運んでくれるのですが、その弁当は一般的な弁当でなく健康に気遣った弁当なのです。そのため、各それぞれの目的でこのサービスを使用されています。

詳しくはこちら

低タンパク質食の宅配手配

男女

宅配による負担軽減

腎臓病を持ってしまうと、その機能の低下によって食事に制限を設けなければならなくなってしまいがちです。その際に注意する必要があるのがタンパク質の摂取のしすぎや塩分の摂取のし過ぎであり、場合によっては水分に制限を設けなければならないこともあります。そういった際の腎臓病の食事を準備するのはなかなか大変なものであり、なれるまでは食品の重さを測ってどの程度のタンパク質が含まれているのかといったことを計算しなければならなくなります。その負担を減らしたいと考えたら、食事は宅配によって手配するということを考えると手間を省けるようになるでしょう。腎臓病の患者のために考えられた低タンパク質で減塩の食事の宅配サービスが提供されているからです。

多様化する栄養制限

現在の腎臓病患者向けの食事の宅配サービスでは一律にタンパク質量、カロリー量、塩分等が制限されたものが提供されています。しかし、実際には腎臓病の進行度合いに応じてその量も変動させる必要があり、場合によっては水分の少なめの食事が欲しいという需要があらわれることもあります。そういった形で患者の多様性に応えられるように異なるラインで線引をして栄養制限を行った食事が宅配サービスで提供されるようになっていくでしょう。特に必要なカロリー量は体格や運動などの習慣によって大きく異なることから、その多様性が最も求められる部分であり、今後の宅配サービスが広がりを持たせる方向として注目されていく箇所になると予想されます。

腎臓病に必要な食事療法

看護師

人間の臓器の肝臓はとても大事な役割がされています。血圧を正常に保ったり、無駄な老廃物を排出する動きとなっているのですが、肝臓病にかかるとこの役割が上手くいかないのです。そのことを考慮してあるのが肝臓病食の宅配です。

詳しくはこちら

病気に食べ物は大事です

smile

栄養療法は糖尿病や痛風といった病気の場合に必要なことで毎日の食事で食べてはいけないものを除いた献立を用意する必要があるのです。毎日の食事なので栄養療法に基づく献立を考えるのは実際問題大変です。たまには栄養療法に対応した宅配を活用することが大切なのです。

詳しくはこちら